危険なドッグフードと安全なドッグフードの違いとは

危険なドッグフードと安全なドッグフードの違いとは

わんちゃんに健康に多大な影響を与える食事。オリジナルの食事を愛犬に食べさせる方も多いと思いますが、手軽に栄養バランスが取れた食事を食べさせることができるドッグフードを愛犬の食事に利用する方もたくさんいると思います。ここでは、危険なドッグフードと安全なドッグフードの違いを紹介します。ぜひ、パートナーの愛犬といつまでも楽しく過ごすために参考にしてみてくださいね!

ドッグフードの利用率ってどれくらい?

ドッグフードの利用率は、日本の愛犬家の30%程度が利用していると言われています。もっとも利用率が高いのが、ドライタイプのドッグフードです。ドライタイプが人気なのは、多くの種類が販売されていて、大型犬用の大粒ドッグフード。小型犬・仔犬用の小粒ドッグフードなど、わんちゃんの大きさによって様々な商品が手に入るという点が大きいでしょう。また、ネット通販が当たり前になってきて、スマホやパソコンでいつでもどこでも手軽に商品を購入することができるようになりました。ドッグフードはお米と同じぐらい重いので、ネット通販で注文して自宅に届くととても便利です。このことからもドッグフードの利用率が年々増加傾向にあると言えます。

危険なドッグフードってどんなもの?

危険なドッグフードは、わんちゃんが健康的な生活を維持するのに必要な栄養素が入っていないものです。犬も人間と同様、「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の三大栄養素を始めとして、ビタミン・ミネラルなどをしっかりと摂取しないと健康を維持することができません。危険なドッグフードは、量を増やして安くするために良質なタンパク質の比率を下げて、炭水化物の量を極端に多くしたドッグフードなどが当てはまります。このようなドッグフードはわんちゃんの健康を考えていないので、危険なドッグフードと言えます。(人間も炭水化物ばかり極端に摂取すると肥満や栄養の偏りの原因になります。それと同様です。)

安全なドッグフードってどんなもの?

安全なドッグフードは、反対に上記で紹介した栄養素がバランスよく含まれているドッグフードです。特に犬は穀物を完全に消化することができません。そのため、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードが望ましいです。グレインフリーとは、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物類を使用しないドッグフードを指します。当サイトでおすすめするドッグフードは、カナガンドッグフードです。良質な生肉(チキン)を使用した高品質で安全なドッグフードです。栄養バランスもしっかりと整えられているため、おすすめできます。定期購入にするととてもおトクに購入することができます。たしかに廉価品のドッグフードと比べると、少々割高ではありますが、わんちゃんとずっと楽しく暮らすことを踏まえると安い買い物と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。危険なドッグフードと安全なドッグフードの違いを紹介しました。当サイトで紹介した情報が参考になれば幸いです。

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加