愛犬の成長期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスとは

愛犬の成長期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスとは

成長期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスを紹介します。ドッグフードを選んでいる方の参考になれば幸いです。

成長期とは

生後50日〜1年くらい(大型犬は1年半くらい)が成長期です。人間に例えると大人になる前の思春期、中学生ぐらいの食べ盛り、育ち盛りの時期です。人間と同様、この期間で体が形成され成犬と同じサイズにまで成長する時期です。この時期は、体の土台を作るとても大切な時期で、成犬の約2倍のカロリー量が必要と言われています。成犬同様、良質なタンパク質、カルシウム、リン、ミネラルが欠かせません。食事の回数を増やして一日数回に分けて与えるのがおすすめです。

離乳期の食事の与え方

成長期には、成犬に比べて体重1Kgあたり約2倍のエネルギーを消費します。そのため、倍のカロリーを摂取する必要があります。タンパク質、脂肪、カルシウムなどの栄養素も成犬より多くする必要がある時期です。特にタンパク質を構成するアミノ酸のうち、体の体内で合成されないアミノ酸の数が成犬より多いため、それらをバランスよく含んでいる良質なタンパク質を多く摂る必要があります。人間同様、カルシウムやリン、ミネラルなどもしっかりとした骨格・体型作りに欠かせないです。体の成長は犬種や食事によって異なります。そのため、子犬用のドッグフードでも小型犬・大型犬用などに分かれています。成長期の食事回数は下記のような回数がおすすめです。

  • 生後2〜3ヶ月……一日 4〜5回
  • 生後4〜5ヶ月……一日 3〜4回
  • 生後6〜7ヶ月……一日 2〜3回
  • 生後8ヶ月以上……一日 2回

成長とともに必要なカロリーは少なくなっていきます。段階的に食事の回数を減らしつつ、良質な栄養素を摂取することが大切です。食事の量を減らさないままでいると、肥満の原因につながってしまいます。当サイトでおすすめしているドッグフードのカナガンドッグフードは、どの成長段階にいるわんちゃんにもおすすめすることができるドッグフードです。おすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。成長期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスを紹介しました。この時期は、成犬よりも必要な栄養素が格段に増えます。食事の質と量にこだわって、今後の健康的な体作りの土台を整えるようにしましょう♪

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加