愛犬の離乳期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスとは

愛犬の離乳期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスとは

離乳期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスを紹介します。ドッグフードを選んでいる方の参考になれば幸いです。

わんちゃんの離乳期とは

わんちゃんの離乳期は、初めて食べ物を口にするようになる時期、生後20日から60日前後が該当します。この時期は、今後の身体の基礎を築く大切な時です。ミルク、柔らかい食事から食べさせ始めて、これからの身体の基盤を作るためのドッグフードを食べさせるようにしましょう。生後3週間ごろから乳歯が生えはじめて着ます。しかし、食物を消化・吸収する力は著しく低いので消化の良い食事を与えるようにしましょう。※穀物類が入った食事はNG。成犬でさえ、穀物類を100%消化することはできません。そのため、離乳期に穀物類を与えてしまうと消化不良の原因に直結してしまいます。

離乳期の食事の与え方

母乳か子犬用ミルクを与えるようにしましょう。一度に大量の子犬用ミルクを与えるとお腹を壊してしまうケースもあります。胃腸に負担がかからないように少しずつ与えるようにしましょう♪ 食べ過ぎで消化不良を起こしているかは、便の状態をチェックすれば判断できます。離乳食は、基本的に少量食べただけでも高タンパク・高カロリーが望ましいです。栄養バランスが整った消化の良い食事が大切。離乳食専門のドッグフードなどもありますが、この時期は子犬用ミルクを1日、数回に分けて上げるようにしましょう。生後6〜8週ごろには、完全離乳させてカリカリタイプのドッグフードを与えるようにしましょう。食べないようだったら、ドッグフードをミルクに3分ぐらい浸して食べやすくした状態で上げてみてください。離乳期終わりのドッグフードは、当サイトで紹介しているカナガンドッグフードをおすすめします。小粒タイプのドッグフードだから、成長期直前の食事としても活用することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。離乳期に気をつけたいドッグフードの栄養バランスを紹介しました。成長期直前には、ドッグフードに切り替えることをおすすめします。ぜひ、ここで紹介した情報を参考にして愛犬といつまでも楽しい生活を送ることができる愛犬の健康基盤を作りましょう♪

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加