愛犬のライフステージに合わせたドッグフード選びの大切さ

愛犬のライフステージに合わせたドッグフード選びの大切さ

わんちゃんの一生は、成長に合わせて大きく6段階に分かれます。母乳・代用乳で育つ「哺乳期」、食べ物を口にするようになる「離乳期」、育ち盛りで多くの栄養を必要とする「成長期(幼犬)」食事量が安定してくる「維持期(成犬)」年齢が上がって代謝が落ちるため食事の量を減らす「高齢期」カラダが衰え始め食事の量が少なくなるため、少量で高タンパクの食事が大切になる「老齢期」です。一般的に生後30日までが「哺乳期」60日ぐらいまでが「離乳期」60日から1年ぐらいが「成長期」1〜7歳が「維持期」、7歳〜10歳が「高齢期」11歳以上が「老齢期」です。人間同様、犬も成長過程によって必要となる栄養バランスが異なります。それぞれのライフステージにあった食事を選ぶことが大切となります。特に高齢期から老齢期は人間同様、食自体が細くなり少しの量で栄養を取らなければいけなくなります。さらに咀嚼力も衰えるため、食べやすい食事を考える必要があります。人間も生まれたての赤ちゃん、育ち盛りの中高生、働き盛りの20代、体力を衰えを感じる40代、食事の質が大切になってくる60代、ライフステージで必要な食事は異なります。

犬と人の年の取り方は違います。

犬と人間の年の取り方は違います。犬の10年は、人間の56年と同じと言われています。人間より5倍以上早く年を重ねていきます。これは大型犬などになると、もっと顕著です。だからこそ、しっかりと成長スピードを把握して愛犬に適したドッグフードを与えることが大切となってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。犬のライフステージの変化を紹介しました。ライフステージに合わせたドッグフードが何よりも大切になってきます。少量でもしっかりとした栄養を補給できるドッグフード。さらに消化吸収も良く、無添加で穀物類が不使用のドッグフードがおすすめです。当サイトでおすすめしているのがカナガンドッグフードです。カナガンドッグフードの特徴と商品内容を紹介♪という記事で詳しくカナガンドッグフードの特徴を紹介しています。合わせてご覧ください。

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加