飼い主なら理解しておきたいドッグフードの基礎知識

飼い主なら理解しておきたいドッグフードの基礎知識

愛犬の健康を維持するには、品質も栄養も一定水準を保ってキープできるドッグフードがベストです。自家製のオリジナルフードは、栄養学の知識がないと愛犬の健康を脅かす要因の一つとなります。ここでは、ドッグフードの基礎知識を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

愛犬の健康維持には総合栄養食のドッグフードがおすすめ

愛犬の健康を維持するには、ネット通販などで手軽に購入することができる市販のドッグフードを利用するのがベストです。一言でドッグフードといっても、実にさまざまな種類があります。主食として与えるには、「総合栄養食」と表示されているものを選ぶのがベスト。「総合栄養食」と表示があるドッグフードは、犬が健康を維持するのに必要な栄養素がすべて含まれています。「総合栄養食」と表示するには、ペットフード公正取引協議会が定めた栄養基準をクリアしないといけません。この基準は、アメリカの飼料検査官協会が示すガイドラインに基づいて作成され、世界的な栄養基準になっているものです。

犬は穀物類を完全に消化することができない

犬は穀物類を完全に消化することができません。そのため、グレインフリー(穀物を完全不使用)のドッグフードが求められます。当サイトでおすすめしているドッグフードは、カナガンドッグフードです。高品質な生肉チキンを使用した、様々なライフステージの犬に適したドッグフードです。小粒タイプなので、子犬も食べることができますし、高齢の老犬にもおすすめすることができます。ドッグフードならカナガンドッグフードがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。飼い主なら理解しておきたいドッグフードの基礎知識を紹介しました。総合栄養食のドッグフード以外にも、「間食(おやつ、スナック)」「その他の目的食」があります。間食は主食でなく、ごほうびや飼い主とのコミュニケーションを目的として、限られた量だけを与えることを目的に作られています。間食用のドッグフードを与えすぎると栄養過多や肥満の原因につながります。注意するようにしましょう。

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加