ドッグフードを目分量で量ることが愛犬の肥満につながります!

ドッグフードを目分量で量ることが愛犬の肥満につながります!

毎日の習慣であげているドッグフード。ついつい目分量で量っていませんか? 実は目分量で量って食事をあげることが愛犬の肥満につながります。ここでは、愛犬の食事管理の大切さを紹介します。

肥満を防止するにはきちんとした食事管理を

愛犬の健康に大敵な ”肥満” を防止するためには、しっかりとした食事管理が何よりも大切です。犬は自分で食べる量をコントロールすることができません。与えられた分だけ食べてしまいます。だからこそ、飼い主さんによる食事管理がとても重要となってきます。基本的なことですが、ドッグフードの商品ラベルに表示されている年齢別、体重別の必要カロリーに基づいて量を調節する必要があります。※既に愛犬が肥満気味の場合は、現在の体重に合わせるとさらに肥満が進みます。ドッグフードを変更したり、目分量で食事を与えることは厳禁です。例えば、良質な栄養素を含むプレミアムドッグフードと通常のドッグフードを比較すると、同じ量に対して得られる栄養素やカロリーは大きく異なります。成分を見ずに食事を与えると、カロリーオーバーによる肥満を促してしまうことになります。ドッグフードは必ずキッチンスケールで計算して、適正な量を与えるようにしましょう。

規則正しい食事時間はそんな重要でない

人間と同じように犬も体内時計が働くので、毎日決まった時間を食事を与えると、飼い主の都合で少し時間がずれただけで「要求吠え」の原因につながってしまいます。また、食事の時間を不規則にしすぎると、消化機能の不調につながる可能性があります。犬はもともと狩りをしていた動物なので、脂肪を溜め込む能力が高いです。そのため、きっちりとした時間を守らなくても大丈夫です。生活リズムの中で習慣化して食事を与えることがベストです。朝の散歩の後に食事、夕方の散歩の後に食事といった感じです。

まとめ

いかがだったでしょうか。愛犬の食事コントロールは飼い主にかかっています。目分量で量った日々のちょっとした食事の増減が、犬の健康や肥満に大きく影響を与えてしまいます。これをしっかりと理解した上で、食事を与えていつまでも愛犬と健康でステキな毎日を送れるようにしてみてくださいね♪

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加