パグのドッグフードの食いつきが悪い時に確認したいこと

パグのドッグフードの食いつきが悪い時に確認したいこと

家族同然の愛犬。ちょっとした異変も気になる飼い主は多いと思います。特にわんちゃんの健康維持に欠かせないドッグフード。ここではパグの食いつきが悪い時に確認したいことを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

パグは食欲旺盛

パグは食欲旺盛

パグは食欲旺盛


パグの平均寿命は12歳から15歳です。現在、一般的に犬は人間のパートナーとして暮らしています。しかし、元々野生で狩りをして食事を手に入れていました。そのため、いつでも必ず食事にありつけるわけではありません。その習性が残っているため目の前にある食事をすべて食べようとするクセがあります。成長期は特にたくさん食べてカラダを大きくしようとします。そのため、1歳になるまではカラダが小さくより多くの食事を食べようとします。特にパグは食欲旺盛でなんでも食べてしまいます。ドッグフードを欲しがっても年齢に合った食事の量を取るようにしましょう。それが肥満や痩せ過ぎを未然に防ぐことにつなげます。

パグは基本的に食いつきが悪くない

パグは食欲旺盛なのでドッグフードの食いつきが悪い、ということは起きる可能性が低いです。パグが食いつきが悪いときはドッグフードが合っていないか、病気の可能性が高いです。もし食いつきが悪い場合は、ドライフードとウェットフードを混ぜたりして食事を変えてみたりしても良いと思います。また、ドッグフードを食べる時間やタイミングも関係していることがあります。単純に食事の感覚が短くお腹がいっぱいということもあります。タイミングなども考えてみてください。(当然、食事の時間を変えるとパグは食事を欲しがります。上手に食事の量を調整して変えてみてください。犬の食事は人間同様、朝・昼・夜決まった時間に食べるのがベストです。甘い顔をして食べたいだけ食べさせると結果的に悪い方向に向かってしまいます。しっかりとしつけるようにしましょう。)

少しの量で健康維持に必要な栄養素を取るならカナガンドッグフード

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード


パグを飼っている飼い主が間違いやすい点として「ドッグフードの量が多い」という点が挙げられます。パグはたくさんの食事を欲しがるので、少しの量で高タンパク質・ミネラルをしっかりとカラダに取り入れることができるプレミアム・ドッグフードの「カナガンドッグフード」がおすすめです。高タンパク質で食いつきが良く健康的な骨格と美しい毛並みを作ることができますよ。特にパグは塩分の多い食事をおすすめすることができません。
カナガンドッグフードの特徴と商品内容を紹介♪という記事でカナガンドッグフードの特徴を紹介しています。併せてチェックしてみてください。
当サイトおすすめのカナガンドッグフードをチェックしてみてくださいね♡ いつまでも愛犬と楽しい生活を送るためには良質なドッグフードが欠かせません。今すぐカナガンドッグフードを試してみてください。

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加