愛犬の食事は無添加のグリテンフリーがおすすめ♪

カナガンドッグフード チキン

家族である愛犬の食事、気にしていますか? ある調査によると多くの人が自宅で作る食事がもっとも健康的だと思っているという話を聞いたことがあります。しかし、手作りの食事は栄養バランスが崩れやすくわんちゃんにとって、最良の健康維持につながるベストな方法ではありません。ここでは、わんちゃんの食事の回数やおすすめのドッグフードを紹介します♪

愛犬の食事を手作りにするメリットとデメリット

手作りの食事の1番のメリットは、「栄養素を自由にコントロールできる点」です。たしかに知識がある人が手作りした場合、愛犬の体調などを加味して柔軟に対応することができます。逆にデメリットとして知識がない人が作ると栄養バランスに偏りが出て、愛犬の健康維持に悪い影響を与える、ということがいえます。さらに毎日のことなので手間がかかります。愛犬に手作りの食事を作るメリットとデメリットを理解しておきましょうね♪ 注意しておきたいのが穀物です。犬は穀物を100%消化することができません。

わんちゃんに必要な栄養素

原則、人間と一緒です。3大栄養素であるタンパク質、脂肪、炭水化物。ビタミン、ミネラル、水分が大切です。犬は肉食なので、高タンパクの食材も取り入れるのが良いといわれています。※与え過ぎは、肥満につながります。これらの栄養素が不足すると体重の減少や毛並みにツヤがなくなる要因につながります。また、人間と同じく必要以上に炭水化物を摂取することも肥満につながります。

1日の食事回数と量は?

愛犬の大きさや個体差が関係するため、量と回数を固定するのは難しいです。(日々の愛犬の体調によって食事の量も回数も変わってきます。)成犬で体重の2%〜3%程度が望ましいといわれています。少なくても多くても健康維持に良い影響を及ぼしません。

仔犬と老犬の食事は?

2〜3ヶ月、4〜5ヶ月の仔犬でも基本的に、体重に対して2%〜3%の量を食べさせてあげて問題ありません。逆に高齢犬・老犬は、人間と同じで年を重ねれば代謝も運動量も少なくなります。犬にもよりますが、食べる量が減ってしまうケースがあります。老犬には、量が少なくても高タンパク質とミネラルが豊富な食事を食べさせてあげることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。愛犬の食事を手作りにするメリット・デメリット、食事回数などの基礎知識を紹介しました。人間と同じで三大栄養素とミネラルをしっかりと含んだ食事を取ることが大切です。特に当サイトでおすすめしているカナガンドッグフードは、タンパク質・脂質・炭水化物の配合が良く、従来のドッグフードよりも良質な肉を使ったドッグフードです。仔犬でも食べやすい小粒タイプなので、仔犬・成犬・老犬、高齢犬にも適したドッグフードです。さらに無添加でグレインフリー(穀物不使用)なのも助かります。ぜひ、一度公式サイトでチェックしてみてください。わんちゃんとステキなハッピーライフを送りましょう♪

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加