ドッグフードを比較する上で大切な3つのこと

ドッグフードを比較する上で大切な3つのこと

愛犬のドッグフードを比較する上で大切なことはたくさんあります。ここでは、もっとも重視した方が良い点を3つに絞って紹介します。愛犬のドッグフードの知識を深めることは、パートーナーのワンちゃんと末永く楽しくハッピーに暮らせることにつながります。一緒に勉強していきましょう♪

1.ドッグフードの値段

人間と同じように愛犬の食事は、家計の三大支出のひとつ食費にあたります。ここの支出をしっかりと把握して節約をすることは、収入を増やすことにつながります。じゃあ、激安ドッグフードを買ったり自分たちの食事と同じものを取らせて食費を節約すればOK! というワケにはいきません。支出と栄養のバランスを見てコスパが良いドッグフードを比較して購入することが大切です。

1-1 食事が健康な体を作る

人間の体は摂取した食事によって作られます。体に良いものを積極的に摂取すれば、健康維持・健康的な肉体が作り上げられます。それは犬も同じです。特に人間の三大栄養素「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」そしてミネラルの摂取が大切です。特に犬は体重の2%〜3%程度が1日の食事の摂取量として望ましい量なので、なるべく栄養素がしっかりと詰まったドッグフードを取りましょう。様々なドッグフードを比較することをおすすめ♪

1-2 従来のドッグフード

従来のドッグフードは、製造原価を抑えるためにタンパク質の量が少なかったり、ミネラルが不足していたりするケースが多いです。一見、量が多くとてもおトクに見えるドッグフードも、実は栄養素が不足していて、健康面でも価格面でも良くないケースがあります。ドッグフードを比較する上で大切な3つのことの一つ目は、栄養と値段のバランスを見て比較することです。

2.ドッグフードに必要な栄養素の組み合わせ

先述したように人間と同じ栄養素を摂取する必要があります。犬の栄養素の割合として、タンパク質が60%(その内脂肪分が15%程度)炭水化物などが15%、その他が25%程度の比率になることが望ましいです。犬は完全な肉食動物ではないため、肉類などのタンパク質オンリーになると健康維持が難しくなります。特に老犬は少量でギュッと詰まった高タンパク質な食事を食べさせるなどの工夫が必要なケースもあります。そういうときは、人間と同じでサプリメントでサポートすることもおすすめです。「犬康食・ワン プレミアム」というサプリは、免疫をサポートする霊芝、元気成分エゾウコギエキス、活力をサポートする田七人参、さらに腸内環境を整えるプロバイオティクスが入ったワンちゃんのための健康サプリです。いつもの食事に一粒〜二粒入れるだけだからかんたん♪ 噛む力が弱くなったワンちゃんも食べることができるように柔らか食感になっています。そして、小粒タイプだから仔犬もしっかりと食べることができます。

3.ドッグフードのコスパを重視する

プレミアムドッグフードなどは、しっかりと栄養分が入っているため一見高く見えますが、激安ドッグフードなどと比べると食べさせる量も少量で、愛犬に必要な栄養素をカバーすることができます。激安ドッグフードは、原材料を抑えるために栄養素が少なくなりがちです。その点を踏まえるとただ量が多くて安くてそれなりのドッグフードを購入するより、しっかりと栄養素が詰まっていてワンちゃんの健康維持につながるものを選びましょう^^
犬は穀物類を100%消化することができません。そのため、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードがおすすめ。カナガンドッグフードは、ペット大国イギリスで作られています。高タンパク・必要最低限の炭水化物・豊富なミネラルなどを含むおすすめのドッグフードです。定期コースで購入すれば、1日あたりの食事が180円と大変おトクとなります。(10Kgの成犬で1日100gの食事を食べた場合)ぜひ、一度公式サイトでカナガンドッグフードの魅力を調べてみてください。

カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加